埼玉大学教養学部・埼玉県立歴史と民俗の博物館共同企画

ミュージアム・カレッジ2021「日本の実業家と文化事業・社会事業~渋沢栄一とその時代~」

        

 
 

 埼玉が生んだ近代日本経済の父、渋沢栄一は約500に及ぶ企業の設立に関与した実業家です。渋沢は利益を独り占めすることなく、文化事業・社会事業・教育などにそれを振り向け、社会全体の水準の向上を目指しました。埼玉県立歴史と民俗の博物館では、今年度の春の特別展において、渋沢のこのような文化面での活躍にスポットを当て、多くの資料とともにその功績を紹介しました。

 今回の公開講座では、日本における豪商や実業家による文化事業・社会事業の伝統について、歴史を遡って確認しつつ、渋沢や同時代の実業家たちの様相を紹介することで、その矜持に迫ります。

 ミュージアムカレッジ2021のお知らせ(拡大).pdf
 
1.日  時
 (1)第1回 11 月 26 日(金)「 日本の商人・実業家による文化事業・社会事業の伝統 」
   埼玉大学大学院人文社会科学研究科・教養学部教授 井上 智勝

 (2)第2回 12 月 3 日(金)「渋沢栄一のまなざし~ 社会事業と平和活動~」
   埼玉県立歴史と民俗の博物館主任専門員兼学芸員 杉山 正司
 
 (3)第3回 12月10日(金)「 大阪の豪家と文化事業 」
   大阪歴史博物館主任学芸員 中野 朋子

 (4)第4回 12 月 17 日(金)「渋沢栄一と美術」
   埼玉県立歴史と民俗の博物館学芸員 井上 海

  ※各回とも14:00~15:30(開場は13:30)
  ※新型コロナウイルス感染症の感染状況により変更する場合があります。
 
 

2.会  場  埼玉県立歴史と民俗の博物館 講堂
           〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
                東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅下車徒歩5分

3.受  講  料  無料

4.定  員  各回81名

5.主  催  埼玉大学教養学部・埼玉県立歴史と民俗の博物館

 

6.申込方法  往復はがき①住所 ② 氏名 ③電話番号 (緊急連絡先 )④参加希望日 を 明記 し、
        返信表面に返信先の郵便番号・住所・氏名を記入の 上、
        当館「ミュージアム・カレッジ係」あてに郵送 11 月 10 日必着 ※申込受付は終了しました。

        ※1通につき2名まで申込可能 (希望者分の必要事項を明記)
        ※1通につき、 1 回 ずつ でも、4回すべてでも申込可能(④で明記)
        ※応募多数の場合は抽選の上決定 (各回分ごとに抽選)

 

7.問合わせ先 埼玉県立歴史と民俗の博物館
        〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
        電話 048-645-8171