歴史民俗講座は、埼玉の歴史や民俗についての研究成果を学芸員等が分かりやすく解説する講座です。
令和3年度は歴史・考古・民俗等の分野から、計5回の開催を予定しています。
なお、★印のある講座は展示と関連した内容となっていますので、あわせてお楽しみください。

 会場:当館 講堂
 時間:14:00~15:30(開場は13:30)
 参加費:無料(展示を観覧する場合は要観覧料)
 定員:81名(先着順)
 申込方法:電話(TEL 048-645-8171)、電子申請(当館ホームページから) 
      受付開始日の9:00から受付開始
令和3年度実施予定一覧

 

  開催日 演題・講師 内容 受付開始日時

5月22日(土)

 中止になりました。

 

映像で見る「廻り地蔵」と「百万遍」ー「巡り・廻りの民俗行事」調査からー

戸邉 優美氏

(文化資源課指定文化財担当・

 前当館学芸員)

お地蔵様を拝みに行くのではなく、お地蔵様が家や村にやって来る?当館「巡り・廻りの民俗行事」調査に関する報告を、映像とともにお伝えします。

4月22日(木)

9:00~ 

 

 ②

 

7月17日(土)

 

 

 「武蔵国造の乱」はあったか?

ー『日本書紀』の記述と考古学の成果から考える―

利根川 章彦氏

(元当館学芸員)

『日本書紀』安閑天皇元年条に書かれた「武蔵国造の乱」は、はたして歴史的事実だったのか?文献史学の最近の研究と、関東地方の古墳築造の推移の研究を対比しながら考えます。

 

6月17日(木)

9:00~ 


電子申請は
こちら

 ③ 9月11日(土) 

渋沢栄一のまなざし(仮題) 

井上 海

(当館学芸員)

経済人として高く評価されている渋沢栄一は、教育や福祉、国際交流などの分野でも活躍し、日本の近代化に大きな役割を果たしました。渋沢栄一を多角的に紹介します。

 

8月11日(水)

9:00~

 

12月18日(土)

 

縄文土器入門(仮題)

 村田 章人

(当館館長)

「縄文土器」とは何か、縄文土器からどのようなことが見えてくるのか、など縄文土器をより深く楽しむために、当館の館長がわかりやすく解説します。

 11月18日(木)
9:00~

 

 

 

 

2月5日(土)

企画展「お茶を楽しむ」(仮題)

 町田 歩未

(当館学芸員)

企画展「お茶を楽しむ」の見どころを担当学芸員がわかりやすく解説します。 

 

1月5日(水)
9:00~

※講師・内容等は予告なく変更する場合があります。