展覧会準備のための寺院探訪

みなさんこんにちは。すっかりご無沙汰しております。

先日「制咜迦くなりたい童子」先輩と福島県立博物館に行ってきたわたくしですが、
同じ展覧会準備の一環として、鴻巣市の勝願寺(しょうがんじ)に行って参りました!


【勝願寺 山門】


【勝願寺 本堂】

勝願寺は、埼玉県でも重要な寺院のひとつで、多くの大名家の菩提寺になっていたほか、
江戸時代には関東十八檀林という浄土宗の重要寺院のひとつに数えられていました。

勝願寺は、記主禅師(きしゅぜんし)良忠上人(りょうちゅうしょうにん)という、浄土宗の超!重要人物による
創建と伝えられています。


そもそも浄土宗とは、法然上人(ほうねんしょうにん)という、
12世紀から13世紀はじめに活躍した高僧を
宗祖とあおぐ宗旨を指します。
法然上人は、「南無阿弥陀仏」と口に出して唱えれば必ず極楽浄土に生まれることができる、という教えを
ひろめた方です。

「なむあみだぶつ」や、「ナンマイダー」という言葉を聞いた事のある方は多いのではないでしょうか。
ただ唱えるだけで極楽に行けるなんて!


ちなみに、かの有名な熊谷直実も、蓮生(れんせい)と名を変えて法然上人と篤い交流をしています。


【一の谷合戦図屏風(右隻)】

そんな法然上人の教えは、ここ関東の地にも広まりました。

その布教の足がかりを作ったのが、何を隠そう、法然上人の孫弟子にあたる良忠上人なのです。


なぜここまで浄土宗と良忠上人について、小難しいことを熱く語っているかというと、実は来年春に開催予定の
特別展「東国の地獄極楽」はこの浄土宗を始めとした浄土信仰に関する展覧会なのです!

ここで大事なキーワード、「浄土信仰」が出て参りましたが、「浄土」っていったい何?
これについては…また次回!

(平成30
年3月28日 展示担当 矜羯羅がってる摩利子天)

企画展「田んぼ」開催中!

317日より、特別展示室で企画展「田んぼ」が始まりました。
埼玉県の多様で魅力的な田んぼ文化を、国指定重要有形民俗文化財「北武蔵の農具」(当館蔵)や
国登録有形民俗文化財「上尾の摘田・畑作用具」(上尾市教育委員会蔵)など県内各地の農具資料等を
とおしてお伝えします。

普段から稲作に関わりのある人もない人も、楽しんでいただけると幸いです。

会期中、お子様向けのワークシートもご用意しています!

ワークシートの問題に答えた後、当館体験学習ゾーン「ゆめ・体験ひろば」で答え合わせをすると、
素敵なプレゼントがもらえます。ぜひご家族皆さまでおこしくださいね。

企画展「田んぼ」では、資料の展示だけでなく、さまざまなイベントもご用意しています。

去る3月18日(日)には、民俗芸能公演「日進の餅搗き踊り」を開催し、日進餅搗き踊り保存会の皆様に
展覧会のオープニングを飾っていただきました!
 

【「日進の餅搗き踊り」の様子】




息の合った餅搗きと、軽快かつ豪快な踊りが披露され、見学されたお客様からは拍手喝采!

日進では「接待餅」とも呼ばれる餅搗き踊り、この日は多くの方に御来館いただきました。

明日
24日(土)には、午後2時より当館エントランスロビーにて、民俗工芸実演「加須のわら細工」を開催します!
831日のブログ記事でも紹介しました加須わら細工保存会さんに、加須に伝わるわら細工の製作を
実演していただきます。

【わら細工作りの様子】


実演の見学は無料ですので、お気軽にご覧ください!

実演終了後は、企画展「田んぼ」をご観覧の方を対象に、展示解説も予定しています。

また、4月14日(土)には記念講演会「田んぼは米のみにあらず―さまざまな作物が育つ日本の水田環境―」を開催します。

田んぼはお米を作る場所。一方で田んぼの畦や斜面では里芋やお茶、豆、ミョウガなども作られてきました。

埼玉には田んぼの中に畑がある不思議な風景も見られます。
講演では、お米だけではない田んぼの魅力を紹介し、稲作の機械化前夜に生まれた空中田植えなどの
独特の農法についてもお話します。

講師は、新進気鋭の研究者、渡部鮎美氏(放送大学非常勤講師)です。
講演会は事前申込制で、往復はがき往信裏面に、講演会名・住所・氏名・電話番号・参加者名(1通で2人まで)、
返信表面に郵便番号・住所・氏名を明記の上、当館企画展記念講演会係まで御郵送ください。
たくさんのご応募をお待ちしています。

(平成30年3月23日 展示担当 Fly!)

展覧会準備のため雪国探訪

ご無沙汰しております。
この冬は寒くて雪の多い冬でしたね。
博物館周辺で日陰に残っていた雪も、ようやくとけてなくなりました。

さて、このような寒い時季に雪国会津に所在する福島県立博物館へ、
来年度展覧会のための資料調査に行って参りました。

展示を計画している文化財を事前に調査し、
現状の確認や展示方法の検討をすることも、学芸員の大事な仕事です。
そのため県内はもとより、全国各地に出張することがあります。

郡山駅で乗り換えた電車の車窓から、聳え立つ「宝の山」磐梯山を眺めつつ、会津若松へ。
埼玉では考えられない銀世界に驚くばかり、、、


福島県立博物館周辺にも雪が積もっており、
その積雪量に、履いてくる靴をまちがえたと思いました。


博物館の前に立つ八重さんは冬の寒さに負けることなく、直立不動。


今回の出張の成果をみなさんにご覧いただけるのは、もう少し先のことになります。
展覧会の概要などをお知らせできる時期がきましたら、当館HPSNSでご案内しますので、
しばしお待ちください。

(平成30年2月23日 展示担当 制多迦くなりたい童子

「十二単・小袿と男子装束の着装体験」(3/3実施)の抽選を行いました。

今年度最後の着装体験となる33日(土)の「十二単・小袿と男子装束の着装体験」は、
2
3日(土)に応募を締め切らせていただきました。

今回は、十二単に15名、小袿に15名、男子装束に5名のご応募をいただきました。

十二単・小袿のご応募が定員を上回ったため、24日(日)の午後に当館「ゆめ・体験ひろば」にて
公開抽選をさせていただきました。


抽選は、ご来館されたお客様に御協力いただきました。

抽選結果のハガキは、ご応募いただいた皆様にお送りしています。

当選された方におかれましては、開始時間や注意事項などのご確認をお願いいたします。

沢山のご応募、ありがとうございました。

次回の着装体験は414日(土)の「十二単・小袿の着装体験」です。
たくさんのご応募をお待ちしています。


(平成30年2月15日 学習支援担当 たのきゅう)

特別展「明治天皇と氷川神社」講演会Ⅱ(2/4実施)の公開抽選について
関東で大雪!大寒波の影響で、とても寒い日が続いていますね・・・
皆様、体調は崩されていないでしょうか?

雪の降る少し前の1月20日(土)に、講演会Ⅰ「明治天皇の東幸と民衆」は無事に終了いたしました。

来たる2月4日(日)には、講演会Ⅱ「武蔵一宮氷川神社の歴史と明治天皇御親祭」(講師:東角井 真臣氏
〈武蔵一宮氷川神社権宮司〉)を当館講堂にて開催いたします。

この講演会には、1月22日(月)の締切までに、なんと350通のご応募をいただきました!
定員150人を超過したため、1月23日(火)に当館エントランスにて公開抽選を行いました。

 公開抽選の様子

雪の積もった寒い中、抽選にご協力いただきましたお客様には、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

抽選後、ご応募いただいた皆様に返信ハガキをお送りしました。返信ハガキにて結果をご確認ください。
沢山のご応募、誠にありがとうございました!

(平成30年1月31日 展示担当 八海山)
特別展「明治天皇と氷川神社」講演会Ⅰ(1/20実施)の公開抽選について

皆様、あけましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、当館では、年明け1月2日(火)より特別展「明治天皇と氷川神社―行幸の軌跡―」が開幕しました!

お正月イベントも合わせまして、初日から連日沢山のお客様におこしいただいております。

そんな特別展の関連事業として、1月20日(土)に講演会Ⅰ「明治天皇の東幸と民衆」(講師:椿田 有希子氏
〈神奈川県立公文書館〉)を当館講堂にて開催いたします。

この講演会には、1月11日(木)の締切までに、なんと211通のご応募をいただきました!

定員150人を超過したため、1月12日(金)に当館エントランスにて公開抽選を行いました。

 公開抽選の様子

抽選に御協力いただきましたお客様には、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

抽選後、ご応募いただいた皆様に返信ハガキをお送りしました。返信ハガキにて結果をご確認ください。

沢山のご応募、誠にありがとうございました!

(平成30年1月18日 展示担当 八海山)
正月開館 書道作品展示の裏側 ~大宮光陵高校での制作風景~

気が付けば、今年も残り僅か…! 1年は、本当にあっという間ですね。

年明け1月2日(火)・3日(水)の2日間、当館は元気に正月開館いたします!
 

正月イベント「博物館でお正月」と題して、館内で様々な催しを企画しております。 

イベント詳細についてはこちら☞(https://saitama-rekimin.spec.ed.jp/体験学習・イベント/イベント情報/博物館でお正月)をチェック!


その中から今回は、当館エントランスにて開催の「大宮光陵高等学校 書道科生徒作品展示」
の裏側をご紹介します!

 
毎年、正月開館時に飾る「謹賀新年」の書をご揮毫いただいている大宮光陵高校の皆さんですが、
今年度は加えて作品制作もお願いしました!

 
【校内での作品制作の様子】
 


お正月には、どんな作品が展示されるのか、ワクワクしますね! 

書道科3年生の皆さんからコメントを頂きましたので、ご紹介します。 

 

○私は2、3年生の選択の授業で「作品装丁」を履修しています。この授業では小川町で生産されている
「小川和紙」を実際に漉くことができます。これは他の高校では出来ない貴重な体験です。伝統文化を
学びながらも本当に楽しい授業で充実しています。


○私は行書や草書のような流れのある書体がとても苦手でした。しかし、毎朝補講に参加したことで
自分の表現力が変わりました。ただ書くことだけでなく、考えて書に表すことの大切さを書道科で学んで
います。 


○書道科の良い所は、普通では絶対に学べない学習が出来ることです。書道に関する専門的な学習をし、
そこから作品制作につなげるといった点でとてもやりがいを感じられる学科です。

【校内にはズラリと書道の作品が】


大宮光陵高校 書道科の皆さんの作品が当館でご覧いただける貴重なチャンス!

お正月ですので、書道作品を鑑賞した後に、ご家庭で書初めにチャレンジされるのもいいかもしれませんね!

皆様の御来館を心よりお待ちしております。

(平成29年12月20日 展示担当 八海山)

「十二単・小袿の着装体験」(4/14実施)の抽選を行いました。

平成30年度最初の着装体験となる4月14日(土)の「十二単・小袿の着装体験」は、
3月14日(水)に応募を締め切らせていただきました。

今回は、十二単に24名、小袿に15名のご応募をいただきました。

全ての装束のご応募が定員を上回ったため、3月17日(土)に当館「ゆめ・体験ひろば」
にて公開抽選をさせていただきました。


抽選は、ご来館されたお客様に御協力いただきました。

抽選結果のハガキは、ご応募いただいた皆様にお送りいたします。

当選された方におかれましては、開始時間や注意事項などのご確認をお願いいたします。

次回の着装体験は5月19日(土)の「十二単・小袿と男子装束の着装体験」です。
たくさんのご応募を
お待ちしています。

(平成30年3月20日 学習支援担当 たのきゅう)

「十二単・小袿の着装体験」(1/13実施)の抽選を行いました。

今年度5回目の着装体験となる113日(土)の「十二単・小袿の着装体験」は、
1213日(水)に応募が締切りとなりました。

今回は、十二単に41名、小袿に28名のご応募をいただきました。

全ての装束のご応募が定員を上回ったため、12月15日(金)の午後に当館エントランスロビー
にて公開抽選を行いました。

ご来館されたお客様に御協力いただきました。

抽選結果のハガキは、ご応募いただいた皆様にお送りいたします。

当選された方におかれましては、開始時間や注意事項などのご確認をお願いいたします。

沢山のご応募、ありがとうございました。
次回の着装体験は33日(土)の「十二単・小袿と男子装束の着装体験」です。
たくさんのご応募を
お待ちしています。

(平成29年12月20日 学習支援担当 たのきゅう)

「平成29年度北区民まつり」に参加

115日(日)に市民の森・見沼グリーンセンターで開催された「平成29年度北区民まつり」に
当館も参加し、けん玉などの「昔遊び体験」ブースを設置しました。


当館のブース


お父さんはけん玉名人


当館のけん玉名人


けん玉に挑戦中の子供たち

朝からお天気に恵まれ、ご家族連れを中心に当館ブースも大いに盛り上がり、
当日の参加者は1,186名となりました。

当館のブースへお越しいただいた皆さん、楽しい時間を過ごしていただけましたでしょうか。

歴史と民俗の博物館にもぜひ遊びに来てくださいね。

(平成29年11月17日 企画担当 h)
「十二単・小袿と男子装束の着装体験」(12/2実施)について

今年度4回目の着装体験となる122日(土)の「十二単・小袿と男子装束の着装体験」は、
11
2日(木)に応募を締め切らせていただきました。

今回は、十二単に6名、小袿に3名、男子装束に6名のご応募をいただきました。

1名のキャンセルが出たため、ご応募された皆様に、参加決定のハガキをお送りいたします。

ご応募された皆様は、ハガキが届きましたら開始時間や注意事項などのご確認をお願いいたします。

沢山のご応募、ありがとうございました。
次回の着装体験は113日(土)の「十二単・小袿の着装体験」です。

「十二単・小袿と男子装束の着装体験」は、33日に行います。

 

たくさんのご応募をお待ちしています。

(平成29年11月17日 学習支援担当 たのきゅう)

「2017大宮区民ふれあいフェア」に参加

1028日(土)に大宮ソニックシティで開催された「2017大宮区民ふれあいフェア」に
当館も参加し、けん玉による「昔遊び体験」ブースを設置しました。

当館のブース


玉が大皿に乗りました!


お手本のようにできるかな?


家族でけん玉体験

お天気が少々心配でしたが、時間とともにご家族連れを中心に当館ブースも盛り上がり、
当日の参加者は578名となりました。

当館のブースへお越しいただいた皆さん、楽しい時間を過ごしていただけましたでしょうか。

歴史と民俗の博物館にもぜひ遊びに来てくださいね。


(平成29年11月17日 企画担当 h)

めくるめく野良着の世界

常設展示室第10室では、「農業と暮らし」をテーマに常設展示を実施しています。

年に数回展示替えを行うコラム展示コーナーでは、人気を博した「藍」が終了し、
1024日(火)から「野良着」が始まりました!




農作業のときに着る野良着は、けがや汚れから身を守り、作業を効率的に行うために
欠かせないものです。

埼玉県の場合、綿と藍の栽培がさかんに行われていたこともあり、藍染めした布や糸を
使った野良着が多く作られました。

一見するとどれも似たように見え、地味な印象を受けます。

しかし実は、性別や年齢、作業内容、天候によって、形や模様、素材などが異なり、見れば
見るほど発見があるのです!


展示作業中も、いろいろと気づいたことがありました。

ぜひ実際に見比べてみてください!

なお、常設展示室第10室は年明け間もなく約1か月間、展示リニューアルのため閉室します。

国指定重要有形民俗文化財「北武蔵の農具」を多数展示した「農業と暮らし」もコラム展示「野良着」も、
平成
30114日(日)で見納めとなりますので、皆さまぜひ御来館ください!

(平成29年11月5日 展示担当 Fly!)

特別展「上杉家の名刀と三十五腰」記念講演会へのいざない

、こんにちは。 

923日(土)から、米沢市上杉博物館で「上杉家の名刀と三十五腰」展が

開催されています。

→(http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/101meitou.htm


そして我らが歴史と民俗の博物館では、
113日(金・祝)から 
特別展「上杉家の名刀と三十五腰」が始まります! 
→(https://saitama-rekimin.spec.ed.jp/展示案内/特別展・企画展/過去の特別展/上杉家の名刀と三十五腰


本展では、なみいる上杉家ゆかりの名刀、すばらしい資料など、みどころが 
盛りだくさんです。 

さらに見逃せない(聞き逃せない)のが、素晴らしい講師による記念講演会!


11
18日(土)には、国立女性教育会館にて、佐野美術館 館長 渡邉妙子氏による 

記念講演会Ⅰ「上杉家と日本刀」が開催されます!

刀剣研究の第一人者である渡邉館長は、女性が刀に触れることを忌避する考えも
あった時代から、学芸員として道を切り開いてこられました。
(渡邉館長の著書『日本刀は素敵』〈ワック株式会社、2016年〉にも詳しく書かれています)


特別展「上杉家の名刀と三十五腰」の開催準備でご一緒する機会もありますが、 

瞳を輝かせながら刀剣について情熱的にいろいろ教えてくださいます。

渡邉館長(中央)の凛とした、たたずまい!
米沢市上杉博物館での展示の最終チェックの一コマ
(画像提供:佐野美術館)

記念講演会でも、きっと素晴らしいお話を聞かせてくださること間違いなし!

乞うご期待、です!
 

そして122日(土)には、当館で米沢市上杉博物館 学芸主査 角屋由美子氏による
記念講演会Ⅱ「関東と上杉氏」
が開催されます!

 
角屋氏は上杉博物館学芸員として、長年にわたって上杉氏研究を牽引してこられた
お一人で、上杉氏に関する知識の豊富さに驚かされるばかりです。 

その角屋氏が講師として、複雑な戦国時代の関東と、関東管領上杉氏との関わりを

分かりやすく解説してくださいます!


記念講演会の詳細と応募方法はこちら!(応募者多数の場合は抽選になります) 
             ↓ ↓ ↓ ↓
記念講演会Ⅰ「上杉家と日本刀」
   日 時:11月18日(土)14:00~15:30 (13:15開場)
   講 師:公益財団法人佐野美術館館長 渡邉妙子氏
   会 場:国立女性教育会館(埼玉県比企郡嵐山町菅谷728) 講堂
   費 用:無料
   定 員:500名(応募多数の場合は抽選)
   申 込:11月6日(月)必着で往復はがきにて当館特別展講演会係まで郵送
       ※往信裏面に住所、参加者名(1名のみ)、電話番号、希望する講演会名を明記
         返信表面に郵便番号、住所、氏名を明記
       ※応募は各講演会1人1通まで

記念講演会Ⅱ「関東と上杉氏」
   日 時:12月2日(土)14:00~15:30 (13:30開場)
   講 師:米沢市上杉博物館学芸主査 角屋由美子氏
   会 場:当館 講堂
   費 用:無料
   定 員:150名(応募多数の場合は抽選)
   申 込:11月18日(土)必着で往復はがきにて当館特別展講演会係まで郵送
       ※往信裏面に住所、参加者名(1名のみ)、電話番号、希望する講演会名を明記
        返信表面に郵便番号、住所、氏名を明記
       ※応募は各講演会1人1通まで

 

皆様、お誘い合わせの上ふるってご応募ください!
紅葉も美しい、晩秋の武蔵嵐山や大宮公園の散策もあわせてどうぞ~。

(平成29年10月11日 展示担当 「上杉家の名刀と三十五腰」展担当その1)