※「見学のしおり」もご覧ください。  「見学のしおり」外面.jpg  「見学のしおり」内面.jpg

お知らせ

〇常設展示室の写真撮影が可能になりました。詳しくはこちら
 ※一部、撮影禁止の資料やエリアがございます。

〇常設展示各室の概要を多言語(日本語English简体中文繁體中文한국어)でご覧いただけます。

主な展示 ※会期中に一部展示替えをする場合があります。

 美術展示「みほとけの世界」

 古くから、仏教の教えは様々な形で表現されてきました。人々はその信仰のよすがとするために、本来であれば目に見えないはずの仏菩薩の姿をいかに表現するかに工夫を凝らしてきました。そうして生み出された数々の素晴らしい仏教美術作品には、深淵な仏菩薩の教えの世界が表されています。
本特集最後の期間である9月1日(火)からは、国宝「法華経一品経」(ときがわ町慈光寺蔵)を展示します。

(会場:常設展示室 第4室)

 

 第4期【9月1日(火)~9月27日(日)】
  国宝 法華経一品経(慈光寺経)
     ・巻第九 人記品      ・巻第十二 提婆達多品
     ・巻第十七 分別功徳品   ・巻第十八 随喜功徳品
     ・観普賢菩薩行法経(結経) ・巻第四 信解品
     ・巻第六 授記品      ・巻第二十六 陀羅尼
     ・筆者目録

 国宝 法華経一品経 授学無学人記品第九(ときがわ町慈光寺蔵) 重要美術品 三鈷杵(当館蔵)

 

 

歴史特集展示「幕末風刺画」

 嘉永6(1853)年のペリー来航を前後に、世の中の情勢を絵で表現した風刺画が多数発行され、人々にもてはやされました。本特集展示では、安政の大地震を機に大量に売り出された「鯰絵」と、戊辰戦争を風刺した作品を4期に分けて紹介します。(会場:常設展示室 第9室)

 

 会期:令和2年9月1日(火)~令和2年12月13日(日)    

    (1期)9月1日(火)~9月27日(日)

    (2期)9月29日(火)~10月25日(日)

    (3期)10月27日(火)~11月15日(日)

    (4期)11月17日(火)~12月13日(日)

 

 

 

 

 

 

 

 

鯰絵(鹿島神鯰おさえの図)(当館蔵)

 

 

■民俗コラム展示「和菓子づくりの世界」 

人生の様々な節目とともにある和菓子。かつて引出物として贈られた打菓子を作る道具「菓子木型」を中心に、和菓子づくりの道具を紹介します。(会場:常設展示室 第10室)

 

 会期:令和2年6月18日(木)~令和2年10月18日(日)
  

 

 

 

 菓子木型(タイ)(当館蔵)

 

 

 

展示室案内(1階)


 ■常設展室                                  

(1) 歴史展示室 旧石器~弥生時代
(2) 歴史展示室 古墳時代
(3) 歴史展示室 奈良~南北朝時代
(4) 美術展示室
(5) 歴史展示室 室町~戦国時代
 ・ 季節展示室
  ■ゆめ・体験ひろば

 「自由自在座」「ものづくり工房」「昭和の原っぱ」
 
 
展示室案内(地階)

■常設展示室

(6) 歴史展示室 板 碑
(7) 歴史展示室 江戸時代Ⅰ
(8) 歴史展示室 江戸時代Ⅱ
(9) 歴史展示室 明治時代~現代
(10) 民俗展示室