令和3年度の特別展・企画展

【埼玉県150周年・開館50周年記念】
NHK大河ドラマ特別展「青天を衝け ~渋沢栄一のまなざし~」  
2021年3月23日(火)~5月16日(日)

 ※終了しました(過去の特別展示はこちら

経済人として高く評価されている渋沢栄一は、教育や福祉、国際交流などの分野でも活躍し、日本の近代化に大きな役割を果たしました。新一万円札の肖像やドラマの主人公になるなど注目を集めている渋沢栄一を多角的に紹介します。

 

 

 

 
北沢楽天作「渋沢栄一」像(当館蔵)

 

 

 

 

企画展「太平記絵巻 -描かれた武士の世界-」  2021年7月17日(土)~ 9月5日(日)

 

太平記絵巻は、長大な軍記物語『太平記』を全12巻の絵巻にした現存する唯一の作品です。全12巻のうち、当館が所蔵する館第一、二、六、七、十巻を17年ぶりに一挙に展示・公開します。華麗な太平記絵巻の魅力をお楽しみください。

 

太平記絵巻巻第七より

 

 

 

【埼玉県150周年・開館50周年記念】

特別展「埼玉考古50選」  2021年10月9日(土)~ 11月23日(火・祝)

 

埼玉県では、約3万5千年前の旧石器時代から近代に至る、数多くの遺跡がこれまでに調査されてきました。そこで出土した、埼玉の歴史を考える上で欠くことのできない考古資料を厳選してご紹介します。また、現在は県外の博物館等に所在している資料の一部も「里帰り」します。

 

 

 

 小林八束1遺跡出土 土偶(埼玉県教育委員会蔵)

 

 

 

企画展「お茶を楽しむ」  2022年1月2日(日)~ 2月13日(日)

 

私たちにとって馴染み深い飲み物「お茶」。埼玉県では「狭山茶」が有名ですが、かつては畑の畔に茶の木が植えられ、多くの地域で、自家用のお茶が生産されていました。埼玉県の茶産地としての歴史をはじめ、生産・販売の様子やお茶農家の現在の取組も紹介します。

 

 

 

狭山茶ポスター

 

 

 

 

企画展「埼玉武術英名録」  2022年3月19日(土)~ 5月8日(日)

 

武術・武道は、日本の運動文化を体現する無形の文化財です。江戸時代中期以降、埼玉県域でも本格的な武術指導を行う諸流派が登場し、多くの人々が入門しました。剣術・柔術を中心とする、埼玉県ゆかりの武術諸流派や歴史上に名をのこした武芸者などを紹介します。

 

 

皇国武術英名録 三より

 

 

 

共催展「昌国寺」  2022年3月19日(土)~ 5月8日(日)

会場:寄居町鉢形城歴史館 企画展示室

本展では、鉢形城歴史館と協力・連携し、当館が受託する旗本水野家が開基した昌国寺資料を地元の寄居町に里帰りさせ、一堂に公開します。