埼玉県立歴史と民俗の博物館

館長 村田 章人

専門は考古学(縄文時代)です。皆様には新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、臨時休館、また再開館後も入館時の体温測定等、多くのお願いをさせていただいております。そのような中、御来館いただく御姿やweb配信への御意見等を拝見するにつけ、博物館の歩みを、止めることなく前に進めなくてはいけないと改めて感じています。≪伝統を未来へ≫博物館が持つ可能性を十全に発揮できるよう、努めてまいります。

 

副館長 水口 由紀子

「ディスカバー 埼玉」。埼玉の価値を再発見し、より多くの方々に親しんでいただける魅力ある博物館を目指してまいります。専門は日本考古学(平安時代から鎌倉時代)です。

 

【企画、学習支援担当】

主席学芸主幹 岡本 健一

より多くの方々に「埼玉県の歴史と民俗」に親しんでいただくため、魅力ある博物館づくりと情報発信に努めてまいります。また、ゆめ体験ひろばでは「ものづくり」の楽しさを味わってください。専門は日本考古学(古墳時代)です。

 

 

 企画担当】

担当・役職

氏 名

専 門

主な担当業務など

担当部長 長谷川  晋 一般事務 周辺地域や、県内及び関東地区の博物館や美術館との連携に関する仕事を担当しています。魅力ある博物館をめざして、多くの博物館、美術館と協力していきたいと思います。
学芸員 倉澤麻由子 日本考古学 企画展やイベント、講座などの博物館活動の情報発信の仕事を担当しています。多くの方に博物館の魅力を知って頂けるよう努めて参ります。
主事 髙橋 優美 一般事務 業務は主に広報を担当しています。博物館の魅力をたくさんお伝えできるよう、業務に努めて参ります。

 【学習支援担当】

担当・役職

氏 名

専 門

主な担当業務など

学芸主幹 池田 伸子 日本美術史 ゆめ・体験ひろばの運営と、博学連携の推進を担当しています。博物館で過ごす時間が楽しく心に残るものとなるよう、充実した体験事業を行っていきたいと思います。
担当課長 松木 綾子 学校教育 「学校と博物館の連携推進」と「学校団体受入の申し込み受付」を担当しています。皆様が楽しく体験しながら学ぶことができるよう工夫したいと思います。また、特別体験では「鎧の着装」「ベーゴマ教室」を担当しています。ぜひご利用ください。
担当課長 木村 真輔 学校教育 

学校と博物館の連携を担当しています。御利用いただく児童・生徒、教員の皆様が様々な知識と、新しい発見が得られるように努力していきます。出前授業・職場体験学習、教職員研修等の受け付け、「まが玉作り体験」を担当しています。

学芸員 安達 愛 日本文学

江戸組紐ストラップづくりや火起こし体験などを担当しています。楽しく体験しながら埼玉県の歴史や昔の暮らしについて学ぶことができますので、ぜひゆめ・体験ひろばにお越しください。

学芸員 黒田 千尋 日本近世史 「藍染めハンカチ作り」や「昔の道具体験」を担当しています。
体験を通して、埼玉の歴史や文化に親しみをもっていただけると嬉しいです。心に残る体験のお手伝いができたらと思っています。ぜひ、ゆめ・体験ひろばにお越しください。
学芸員 川又奈津記 教育普及 ミニアートやミニ絵巻物作り、絵馬などを担当しています。ゆめ・体験ひろばでは、博物館ならではの多彩な体験ができます。ぜひ、お越しください。
展示、資料調査・活用担当

【展示、資料調査・活用担当】
主席学芸主幹 加藤 かな子

今年度は「埼玉誕生150周年」、そして「当館開館50周年」という節目の年に当たります。魅力的な特別展・企画展の開催、あわせて貴重な収蔵資料の保存・活用に努めてまいります。専門は日本古代史(対外交渉史)です。

 【展示担当】

担当・役職

氏 名

専 門

主な担当業務など

学芸主幹 佐藤 康二 日本考古学 常設展示、特別展・企画展などの展示がわかりやすく、親しみのもてるものとなるよう担当の取りまとめをしています。
学芸員 根ケ山泰史 日本中世史 企画展「埼玉武術英名録」と常設展示室第5・7室(室町~江戸時代)のほか、展示解説ボランティアなどを担当します。
学芸員 堀口 智彦 日本考古学

常設展示室のうち、考古資料を展示している第1室、第2室の展示・管理のほか、特別展「埼玉考古50選」などを担当しています。

学芸員 西川真理子 日本美術史

企画展「太平記絵巻」と特集展示「国宝太刀・短刀の公開」、常設展示室第4室の展示・管理等を担当しています。専門は仏教美術史です。

主任専門員兼
学芸員
杉山 正司 日本近世史

NHK大河ドラマ特別展「青天を衝け~渋沢栄一のまなざし~」を担当しています。実業家だけではない、社会事業家としての渋沢像をご覧ください。

学芸員 町田 歩未 日本民俗学 企画展「お茶を楽しむ」及び、常設展示室第10室の展示・管理や民俗関係のイベントを担当しています。
学芸員  井上 海

日本美術史

NHK大河ドラマ特別展「青天を衝け~渋沢栄一のまなざし~」を担当しています。専門は近世絵画史です。
学芸員 佐藤 夏美 日本民俗学 常設展示室第10室の展示・管理やイベントを担当します。生活の中にある身近な文化の魅力を伝えられるよう努めてまいります。
学芸員  温水 基輝 日本中世史 常設展示室第3・6・8・9室(鎌倉~南北朝・江戸後期~現代)の展示・管理等を担当しています。



 

【資料・調査活用担当】

担当・役職

氏 名

専 門

主な担当業務など

主任学芸員 佐藤 美弥 日本近現代史 博物館資料の保存と活用、歴史・民俗に関する調査・研究事業の推進などを担当しています。県民共有の文化遺産である資料、そして埼玉県の歴史や民俗についての研究成果をしっかりと未来に継承しながら、その魅力を発信していきたいと考えています。
主任専門員兼学芸員 田中 正夫 日本考古学 博物館の使命である「資料の保存と活用」に携わっています。県民共有の貴重な財産である博物館資料を後世に伝えるべく努めてまいります。
学芸員 鈴木 一史 日本近現代史 寄贈・寄託資料の手続きや収蔵資料データベースの管理、歴史遺産調査及び無形民俗文化財調査などを担当しています。埼玉の歴史や文化を考えるもととなる資料を将来へ受け継ぐとともに、その魅力を発信するための基礎固めができるよう、努めていきます。
学芸員 津久井彩乃 日本近世史 当館の資料を活用していただくための業務を行っています。