常設展

常設展示
「埼玉における人々のくらしと文化」

「埼玉における人々のくらしと文化」をテーマに、旧石器時代から現代までを1~10室の展示室で紹介しています。

令和5年10月14日(土)より、第10室(民俗展示室)を全面リニューアルしました。民俗展示室の新しい展示テーマは「火とくらし」です。人々は火を使うことで、くらしをより豊かなものにしました。地域のくらしをはじめ、伝統的な技、祭りや行事に関する資料から、私たちのくらしと火とのかかわりを紹介します。

会期:令和5年10月14日(土)~常設
会場:常設展示室 第1室~第10室

カマドで火を燃やす(桶川市)

常設展観覧料
一般 300円
高校生・学生 150円
一般団体(20人以上) 200円
学生団体(20人以上) 100円

※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料。
※「ぐるっとパス」で観覧できます。
※特別展、企画展は別途料金を設定しています。

常設展「特集展示」

常設展示室内には、特定のテーマのもと期間限定で展示を行う「特集展示」も開催しています。この特集展示はすべて、常設展観覧料でご覧いただけます。

以下は、近日中に開催される常設展特集展示(会期順)です。

※会期中に一部展示替えをする場合がございますので、ご承知おきください。

 考古特集展示 
「埼玉の縄文新発見!」

埼玉県内で日々多くの遺跡の発掘調査や報告がなされています。近年の調査事例として、川口市宮合遺跡と飯能市加能里遺跡をご紹介します。宮合貝塚では縄文時代後期から晩期にかけての土器が出土しました。加能里遺跡では縄文時代中期、後期、晩期の土器、土偶や動物形土製品などの土製品が多数見つかりました。

会期:令和5年10月14日(土)~令和6年7月7日(日)
会場:常設展示室 第1室

   
宮合貝塚 土器出土状況
(川口市教育委員会所蔵、写真提供)
    加能里遺跡出土 サル形土製品
(飯能市教育委員会所蔵、写真提供)


 美術特集展示 
「わざのカタチ」

工芸品の制作には人の技術、すなわち「わざ」が必要です。そうして生み出された数々の工芸品は時代を超えて私たちを惹きつける魅力にあふれています。本特集では、わざを駆使して作り出された工芸品の名品を御紹介します。

会期:令和6年6月11日(火)~9月29日(日)
※会期中展示替があります。
前期展示:6月11日(火)~8月18日(日)
後期展示:8月20日(火)~9月29日(日)

会場:常設展示室 第4室

丹波 四耳壺(当館蔵)


 歴史特集展示 
「すごいぞ!渋沢栄一」

本年7月から、新一万円札の顔となる渋沢栄一。わが国の「資本主義の父」などと呼ばれる栄一は、明治時代以降の日本経済、産業の近代化に大きく貢献した人物です。栄一の業績と、それを支えた思想の一端を御紹介します。

会期:令和6年6月11日(火)~8月25日(日)
会場:常設展示室 第9室

座右の銘のひとつ「順理則裕」を揮毫する渋沢栄一
「渋沢栄一関係写真帖」(当館蔵)


 民俗コラム展示 
「水引細工」

慶弔(けいちょう)の熨斗袋(のしぶくろ)や結納品、贈り物などに用いられる水引は、和紙で作った“こより”に糊(のり)をひいて固めて作られています。その色の使い方や結び方には決まりがあり、様々な場面に応じて使い分けられてきました。ここでは、贈り物を彩る水引細工を御紹介します。

会期:令和6年6月11日(火)~8月25日(日)
会場:常設展示室 第10室

 
水引細工 鶴(当館蔵)   水引細工 宝船(当館蔵)

 

お知らせ

〇常設展示室の写真撮影が可能になりました。詳しくはこちら
 ※一部、撮影禁止の資料やエリアがございます。

〇常設展示各室の概要を多言語(日本語English简体中文繁體中文한국어)でご覧いただけます。

館内案内

館内案内図.png

2階

ミュージアムショップ、カフェ、無料休憩コーナー、幼児コーナー、授乳室、自動販売機

※カフェのメニュー表はこちら

1階

エントランスロビー、総合案内、チケット売場

【常設展示室】
第1室(歴史展示室・旧石器~弥生時代)
第2室(歴史展示室・古墳時代)
第3室(歴史展示室・奈良~南北朝時代)
第4室(美術展示室)
第5室(歴史展示室・歴史展示室 室町~戦国時代)

ゆめ・体験ひろば
「自由自在座」「学び文庫」「ものづくり工房」「昭和の原っぱ」

【特別展示室周辺】
トイレ(有料エリア)、季節展示室、特別展示室

地階

【常設展示室】
第6室(歴史展示室・板碑)
第7室(歴史展示室・江戸時代Ⅰ)
第8室(歴史展示室・江戸時代Ⅱ)
第9室(歴史展示室・明治時代~現代)
第10室(民俗展示室)

【講堂周辺】
トイレ(無料エリア)、講堂、講座室

※地階について、常設展示室側と講堂側では別の階段をご利用ください。通り抜けはできません。