お知らせ

〇常設展示室の写真撮影が可能になりました。詳しくはこちら
 ※一部、撮影禁止の資料やエリアがございます。

〇常設展示各室の概要を多言語(日本語English简体中文繁體中文한국어)でご覧いただけます。

常設展

常設展示
「埼玉における人々のくらしと文化」

 「埼玉における人々のくらしと文化」をテーマに、旧石器時代から現代までを1~10室の展示室で紹介しています。

 令和5年10月14日(土)より、第10室(民俗展示室)を全面リニューアルしました。民俗展示室の新しい展示テーマは「火とくらし」です。人々は火を使うことで、くらしをより豊かなものにしました。地域のくらしをはじめ、伝統的な技、祭りや行事に関する資料から、私たちのくらしと火とのかかわりを紹介します。

会期:令和5年10月14日(土)~常設
会場:常設展示室 第1室~第10室

カマドで火を燃やす(桶川市)

常設展観覧料
一般 300円
高校生・学生 150円
一般団体(20人以上) 200円
学生団体(20人以上) 100円

※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料。
※「ぐるっとパス」で観覧できます。
※特別展、企画展は別途料金を設定しています。

常設展「特集展示」

 常設展示室内には、特定のテーマのもと期間限定で展示を行う「特集展示」も開催しています。この特集展示はすべて、常設展観覧料でご覧いただけます。
 以下は、近日中の常設展特集展示(会期の新規順)です。

※会期中に一部展示替えをする場合がございますので、ご承知おきください。

 歴史特集展示 
「国宝太刀・短刀の公開」

 当館では、武蔵武士の大河原(おおかわら)氏が備前長船派(びぜんおさふねは)の刀工景光(かげみつ)と景政(かげまさ)に作らせた国宝の太刀、そして景光が制作し、後世、上杉謙信(うえすぎけんしん)が所持したことから、「謙信景光(けんしんかげみつ)」と呼ばれる国宝の短刀を所蔵しています。
 本展示では、その国宝太刀「銘 景光・景政」と国宝短刀「銘 備州長船住景光」(謙信景光)を公開します。

 また、本展で展示を行う国宝「短刀 銘 備州長船住景光」(謙信景光)は、2017年にPCブラウザ&スマホアプリゲーム「刀剣乱舞ONLINE」の登場キャラクター、刀剣男士「謙信景光」のモチーフとなりました。
 このたび、国宝短刀が展示されることを記念して、「刀剣乱舞ONLINE」とのコラボレーションを実施します。
詳しくは、こちらのページを御覧ください!

会期:令和6年1月30日(火)~令和6年3月3日(日)
会場:常設展示室 第3室

国宝「短刀 銘 備州長船住景光」(当館蔵)

※国宝太刀・短刀の公開期間中、常設展示室第7室でも刀剣を展示しています。併せて御覧ください。

常設展示室 第7室

コーナー「川越藩の刀工 藤枝太郎英義(ふじえだたろうてるよし)
展示期間:令和6年1月30日(火)~3月3日(日)

  • 埼玉県指定文化財 刀 銘 藤枝太郎英義(慶応2年)
  • 脇指 銘 藤枝太郎英義(安政3年)
  • 脇指 銘 武蔵国藤枝太郎英義(嘉永7年)

コーナー「大名と旗本」
展示期間:令和5年12月19日(火)~令和6年3月31日(日)

  • 脇指 銘 安吉(岡部藩主安部家に伝来)

埼玉県指定文化財 刀 銘 藤枝太郎英義(慶応2年)

 歴史特集展示 
「渋沢栄一ゆかりの人物 諸井恒平」

 諸井家は本庄を拠点に、江戸時代後期から絹織物や糸繭などを商って発展しました。明治時代には、地元の名士として実業界にも進出します。なかでも、諸井恒平は渋沢栄一の支援を受け、日本煉瓦製造株式会社、秩父セメントや秩父鉄道株式会社などの経営に尽力しました。本特集では、諸井恒平の業績について紹介します。

会期:令和5年12月19日(火)~令和6年3月17日(日)
会場:常設展示室 第9室

 木彫堅額 諸井恒平書「二行書」(当館蔵)

 美術特集展示 
「諸井家の美術」

 本庄を拠点とした商家・諸井家は、日本の近代化を支えた実業家を多く輩出しました。江戸時代の諸井家は、絹織物や糸繭などを商って発展しました。歴代の当主は、中山道を通る絵師や書家らと交流し、書画の収集にも熱心であったことがうかがえます。本特集では、令和3年度に寄贈された諸井家ゆかりの絵画を展示し、諸井家と文人との交流を紹介します。

会期:令和5年12月19日(火)~令和6年3月17日(日)
会場:常設展示室 第4室

※会期中、展示替えがあります。
展示替予定(諸井家の美術).pdf

「枇杷小禽図」(当館蔵)
(展示期間:令和6年2月6日~3月17日)

 民俗コラム展示 
「子どもの祝い」

 生まれた子どもが初めて迎える正月を「初正月」といい、親の実家や親戚から羽子板やヒョウゴ(表具)と呼ばれる掛軸などのお祝いの品が贈られました。本特集では、子どもの成長を願うお祝いの品々をご紹介します。

期間:令和5年12月19日(火)~令和6年3月17日(日)
会場:常設展示室 第10室

押絵羽子板(当館蔵)

 歴史特集展示 
「埼玉遊覧」

 ゛埼玉県の名所・観光地゛をテーマに明治~昭和時代の絵葉書や観光パンフレットから観光名所等を紹介しながら埼玉をぐるっと一周旅します。展示を見た後は気に入った場所に是非足を運んでみてください。
※会期中、展示替えがあります(前期展示は5月12日まで)。

会期:令和6年3月19日(火)~6月2日(日)
会場:常設展示室 第9室

熊谷堤のさくら 観光御案内(当館蔵)

 美術特集展示 
「麗しき祈り」

 古くから人々は様々な祈りを神仏にこめてきました。彫刻や絵画などの作品には、人々の静かで熱い祈りがこめられています。 本特集では、神仏への祈りが生み出した、麗しき作品を紹介します。
※会期中、展示替えがあります(前期展示は4月14日まで)。

会期:令和6年3月19日(火)~5月12日(日)
会場:常設展示室 第4室

絹本着色 孔雀明王像(当館蔵)※前期展示

 民俗コラム展示 
「お茶づくり」

 狭山茶をはじめ、埼玉県は日本有数の茶産地として知られています。緑茶(煎茶)は、摘み取った茶葉を蒸してから何度も揉み、乾燥させて作られます。当館所蔵の製茶用具をとおして、お茶づくりの工程を紹介します。

会期:令和6年3月19日(火)~6月2日(日)
会場:常設展示室 第10室

製茶蒸籠(当館蔵)

館内案内

館内案内図.png

2階

ミュージアムショップ、カフェ、無料休憩コーナー、幼児コーナー、授乳室、自動販売機

※カフェのメニュー表はこちら

1階

エントランスロビー、総合案内、チケット売場

【常設展示室】
第1室(歴史展示室・旧石器~弥生時代)
第2室(歴史展示室・古墳時代)
第3室(歴史展示室・奈良~南北朝時代)
第4室(美術展示室)
第5室(歴史展示室・歴史展示室 室町~戦国時代)

ゆめ・体験ひろば
「自由自在座」「学び文庫」「ものづくり工房」「昭和の原っぱ」

【特別展示室周辺】
トイレ(有料エリア)、季節展示室、特別展示室

地階

【常設展示室】
第6室(歴史展示室・板碑)
第7室(歴史展示室・江戸時代Ⅰ)
第8室(歴史展示室・江戸時代Ⅱ)
第9室(歴史展示室・明治時代~現代)
第10室(民俗展示室)

【講堂周辺】
トイレ(無料エリア)、講堂、講座室

※地階について、常設展示室側と講堂側では別の階段をご利用ください。通り抜けはできません。