企画展「銘仙」

概要
  

埼玉県立歴史と民俗の博物館では、令和4年10月15日(土曜日)から12月4日(日曜日)まで企画展「銘仙」を開催します。

手頃でおしゃれな絹の着物「銘仙」。明治40年代に広まった「ほぐし織」の技術により、色鮮やかな模様銘仙を作ることが可能となりました。戦前の女性たちは、よそゆきの着物として銘仙を着て出かけたようです。

銘仙の生産地としては、秩父(埼玉県)、伊勢崎(群馬県)、足利(栃木県)などの関東地方の養蚕業や織物業が盛んであった地域が知られており、埼玉県内では秩父銘仙の生産が盛んとなりました。

本展覧会では、当館所蔵の銘仙をはじめ、銘仙の生産過程や新しく生産された新作銘仙などもご紹介します。この機会に、お気に入りの銘仙を見つけていただければ幸いです。

 

 ◆企画展「銘仙」チラシ→ 表面(PDF)・ 裏面(PDF)

会期

会期:令和4年10月15日(土)~12月4日(日)

開館時間:9:00~16:30(観覧受付は16:00まで)
休館日:月曜日 ※11月14日は開館

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予定を変更する場合があります。

会場

埼玉県立歴史と民俗の博物館 特別展示室

観覧料

一般:400円 高校生・学生:200円

【団体料金(20名以上)】一般:250円 高校生・学生:150円

※常設展観覧料を含む
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料
※「ぐるっとパス」で観覧できます。

見どころ

 (1)女性の心をつかんだオシャレな着物

銘仙の魅力は、斬新で多様なデザインと鮮やかな色遣いにあります。木綿の着物を日常着としていた女性たちにとって、手頃な価格で手に入る絹製の銘仙は、魅力的なものであったようです。昭和初期には婦人雑誌で特集が組まれるほか、デパートでも販売会が開催されています。花柄、幾何学柄、流行柄など、女性たちの心をつかんだオシャレな銘仙を展示します。

 

 (2)「銘仙ができるまで」を紹介します

銘仙は絹製の織物で、もとをたどれば蚕が作る一つの繭です。銘仙の生産地として知られる地域は、江戸時代からの養蚕業や織物業が盛んであったところで、埼玉県では秩父地域が銘仙の生産地として知られています。また銘仙は「ほぐし織」という技術の誕生により、鮮やかな色遣いが可能となりました。本展では、養蚕・製糸道具をはじめ、糸に色付けする捺染(なっせん)道具などを展示し、銘仙ができるまでを紹介します。

 

 (3)銘仙の魅力を伝える

秩父地域では、現在でも秩父銘仙の生産が行われており、国の伝統工芸品に指定されています。アンティーク銘仙の柄を復刻したり、秩父の特徴を取り入れた柄を製作したり、様々な新作銘仙が生産されています。このような新作銘仙を展示するほか、銘仙生地の小物も販売します。また、銘仙ファッションショー、高機(たかはた)実演などの銘仙に関わる関連イベントも開催します。展覧会を訪れた人々にも、自分なりの銘仙の楽しみ方を見つけていただく機会となれば幸いです。

主な展示資料
着物 桜草文様銘仙(当館蔵) 着物 黒地十字文様銘仙(当館蔵)
着物 青紫地椿文様銘仙(当館蔵) 青紫地牡丹文様銘仙(拡大)(当館蔵)

 

「秩父銘仙」ポスター(島田安彦コレクションアーカイブ蔵) 白繭
関連事業

(1)記念講演会「銘仙今昔物語」

日 時:令和4年10月29日(土) 14:00~15:00(開場13:30)
講 師:木村 和恵氏(花織人・銘仙語り部)
参加費:無料
会 場:埼玉県立歴史と民俗の博物館 講堂
定 員:81名

申込方法:令和4年9月5日(月)9:00から、往復はがき又は電子申請にて申込。

往復はがきの場合は、住所・参加者全員の氏名・電話番号(緊急連絡先)を明記のうえ、当館「展示担当 企画展講演会係」宛てに郵送のこと。

電子申請については、こちらからお申し込みください。

※1通(1申請)につき2名まで応募可能。
※応募者多数の場合は締切後、速やかに抽選を行います。

申込締切:令和4年10月12日(水)必着

(2)歴史民俗講座「人の一生と銘仙」

日 時:令和4年11月12日(土) 14:00~15:30(開場13:30)
講 師:町田 歩未(当館学芸員)
参加費:無料
会 場:埼玉県立歴史と民俗の博物館 講堂
定 員:81名

申込方法:令和4年10月12日(水)9:00から、電話又は電子申請にて申込(先着順)。

※申込方法等の詳細については、「歴史民俗講座」のページをご参照ください。

(3)特別企画「銘仙ファッションショー in 歴民」

日 時:令和4年11月6日(日) 13:30~15:00(開場13:00)
出 演:埼玉県立越谷総合技術高等学校 服飾デザイン科
協 力:レンタル銘仙イロハトリ
参加費:無料
会 場:埼玉県立歴史と民俗の博物館 講堂
定 員:50名

申込方法:令和4年9月5日(月)9:00から、往復はがき又は電子申請にて申込。

往復はがきの場合は、住所・参加者の氏名・電話番号(緊急連絡先)を明記のうえ、当館「展示担当 企画展ファッションショー係」宛てに郵送のこと。

電子申請については、こちらからお申し込みください。

※1通(1申請)につき1名の応募とします。
※応募者多数の場合は締切後、速やかに抽選を行います。

申込締切:令和4年10月20日(木)必着

(4)民俗工芸実演「高機実演」 ※申込不要(当日先着順

日 時:令和4年11月20日(日) 14:00~15:30(開場13:45)
講 師:岩野 倫代氏(秩父市地域おこし協力隊)
参加費:無料
会 場:埼玉県立歴史と民俗の博物館 エントランスロビー
定 員:30名程度(当日先着順)

(5)学芸員による見どころ解説 ※申込不要(当日先着順

日 時:①令和4年10月23日(日)、②11月23日(水・祝)、③12月3日(土)
    いずれも、13:30から30分程度(開場13:00)

講 師:当館学芸員
参加費:無料
会 場:埼玉県立歴史と民俗の博物館 講堂
定 員:81名(当日先着順)

後援

後援:埼玉新聞社、テレ玉、FM NACK5

交通アクセス
     

◆東武アーバンパークライン(野田線)
 大宮公園駅下車 徒歩5分

 大宮方面から:大宮駅から2駅、乗車約4分
 春日部方面から:春日部駅から7駅、乗車約18分

 

◆駐車場(大宮公園との共用):18台、ほかに身障者用駐車場2台

※周辺駐車場も公園利用者のお客様で混雑しますので、可能な限り公共交通機関をご利用ください。

※団体バスでお越しの場合は事前にご連絡ください。

 

 ●周辺地図(大)
 ● GoogleMap
 ●大型バス経路案内図

お問い合わせ

埼玉県立歴史と民俗の博物館 展示担当 
〒330-0803
さいたま市大宮区高鼻町4-219
TEL: 048(645)8171
FAX: 048(640)1964