■資料の写真原板使用及び資料写真撮影・熟覧について
【注意】臨時休館に伴い、収蔵資料の特別利用については、写真の原板利用を除き、
    当分の間、新規受付を停止しています
 
1資料の特別利用について
 
 当館収蔵資料については、学術・研究・出版等の目的での特別利用を受け付けています。
 利用方法は、①熟覧、②模写・模造、③撮影、④写真の原版利用の4種類がございます。 

 希望される場合は、担当まで資料の有無や利用の可否についてお問い合わせの上、
 申請書(当館様式)を記入し、84円切手を貼った返信用封筒を添えてご郵送ください。
 事前に申請をおこなっていただき、当館から許可書を発行してからの利用となります。

 特別利用は原則として有料ですが、利用目的によっては減免申請が可能です。
 減免申請に関しては、事前にお問い合わせいただいた際に担当までご相談ください。
 
熟覧(閲覧) 1点1日につき1,250円 模写・模造 1点1日につき2,500円
写 真 撮 影 1点につき4,180円 原板使用 1点につき3,130円
 

2問い合わせ先
 
 埼玉県立歴史と民俗の博物館 資料調査・活用担当
 住所:〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219
 TEL:048-645-8171  FAX:048-640-1964

 

3各種申請手続きについて

 ■熟覧、模写・模造、撮影の特別利用申請手続きについて
   熟覧、模写・模造、撮影に関する申請の手続きについて.pdf(300KB)

 ■写真・画像の特別利用申請の手続きについて
 
写真・画像の特別利用申請の手続きについて.pdf(349KB)
 

4各種様式について
 
 
 
5収蔵資料データベース