資料の画像掲載、撮影や調査を希望する方へ
 1資料の特別利用について
 
資料について、学術研究・出版等を目的とした特別利用を受け付けています。
利用方法は、
 ①熟覧(資料の調査)
 ②模写・模造
 ③撮影(掲載・放送等のための撮影)
 ④原板使用(資料の画像の掲載・放送等)
の4種類があります。
 
 
2特別利用料
 
熟覧 1点1日につき 1,250円
模写・模造 1点1日につき 2,500円
撮影 1点1カットにつき 4,180円
原板使用 1点につき 3,130円
 

3特別利用の手続きの流れ
 
(1)特別利用を希望する場合は、あらかじめ収蔵資料データベース等で利用を希望する資料を特定し、申請の前に資料調査・活用担当までお問合せいただき、資料の有無や利用の可否についてご確認ください。

 ・収蔵資料データベース
 
 ・問い合わせ・申請書の送付
  埼玉県立歴史と民俗の博物館 資料調査・活用担当
  〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
  電話 048-645-8171
  FAX 048-640-1964
  E-mail m4108908@pref.saitama.lg.jp

(2)確認が終わりましたら、特別利用許可申請書に必要事項を記入し、利用目的がわかる企画書、利用を希望する画像がわかるものを添付し、郵送、E-mail等で申請してください。
※郵送の場合は、84円切手を貼った返信用封筒の同封をお願いします。
※E-mailでの申請の場合、電話による本人確認を行います。

(3)許可が出ましたら、許可書・利用料を納入いただくための納入通知書を発行いたします。納入通知書により利用料を納入いただきましたら、資料を利用いただけます。
※利用料の納入は、現金またはPay-easy(ペイジー)を利用することが可能です(銀行振込はできません)。

(4)特別利用は原則として有料ですが、利用目的によっては利用料の減免申請を行うことが可能です。減免申請については、資料調査・活用担当までご相談ください。
 

4手続きの詳細について

 
5申請様式
 
(1)資料特別利用許可申請書
 管理規則様式1号 資料特別利用許可申請書.docx(38KB)  
(2)観覧料等減額(免除)申請書 ※利用料の減免申請にのみ使用します
 管理規則様式5号 観覧料等減額(免除)申請書.docx(40.5KB) 
 
 
6収蔵資料データベース